住宅検査

目視検査とは、目で見る事によって検査対象物の状態を判断する検査方法で、豊かな経験と検査対象物に対しての知識が必要とされる検査です。 住まいを改築やリフォームするためには、現状を把握する事が非常に重要です。 当社は経験豊かな職人の目で検査しております。

屋根の目視検査について

先ず、屋根に上る前に屋根裏に入れるのであれば屋根裏から点検します。 シミ、穴、亀裂などが無いかチェックします。 この時点で、何か見つかった時点で赤信号です。 問題箇所を重点的に検査します。 あとは全体的な傷み、あばれ(ゆがみ)を点検します。老朽化している屋根は棟際の釘のゆるみ、棟木、広こまい(軒先部分の木)などに問題があります。 この部分を重点的に検査する事で、屋根事態の改善案を検討する資料を作成致します。

お宅の屋根は大丈夫ですか?

下の写真は、雨漏りを放置していたために屋根の棟木だけでなく、屋根裏の小屋組まで腐ってしまった屋根です。

このような状態になるまで、雨漏りを放置してしまうと簡単な修繕では、再び雨漏りしてしまいます。 雨漏りは見つけたときに、すぐに修繕・補修等の対処しなければなりません。 外壁に亀裂が発生したり、屋根の棟が強風で飛ばされてしまった場合には、早めに雨漏りの検査をしてください。天井や壁に雨水によるシミを見られる場合には、雨漏りが長期的に続いている可能性があります。

弊社では、点検部分をすべてデジタルカメラで撮影し、お客様に分かりやすい様に説明致しております。

HOME
会社案内
業務内容
リフォーム参考価格
職人募集
お問い合わせ
板金工事
屋根工事
外壁工事
塗装工事
雨樋工事
雨漏り修理工事
住宅検査
お勧めリフォーム
屋根についての豆知識
外壁についての豆知識
板金の歴史
取扱商品
屋根・外壁のリフォーム工事は、直接施工のプロガードにお任せ下さい! 屋根のリフォーム工事 外壁のリフォーム工事 施工例